QLOOKアクセス解析
<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
京都に行ってきました♪清水寺①
IMG_0200.jpg

あっちより道、こっちより道のすえ やっと見えてきましたよ~

って、ここから本堂まではまだまだです

IMG_0201.jpg

平日の昼とはいえ、人が多いですね~
この後も、旅行中 行く先々人が多くて 週末かと思うほど!!
タクシーの運転手さんが言うには、これからの週末は観光シーズンで
すごい人なんですって
今は、シーズン前だから修学旅行の団体が多いんだよって

IMG_0203.jpg

この入口付近だと、清水の舞台は見えないから 
ホントにここかしらなんて思っちゃうね
私だけ

まだ、たどり着くまでしばらく歩かないといけないから
記事もこのあたりで 折りたたみますね


IMG_0204.jpg

歩いていると、朱塗りの建物も気になるから 上ばかり見てしまうんだけど
結構、足元にも気になるものあるんだよね~
誰も撮らないだろう こんな写真が残ってたりする

シンメトリーや均等・まっすぐ・等間隔・狂いの無い形が好きなんでね 私
工場とかでお饅頭とかが、整列して並んでるのを見ると気持ちがスッとするの
“K”(親友です)には、爆笑されますけどね

変な人だけど、ついてきてね

IMG_0205.jpg

さあ、そろそろ朱塗りの場所は おしまいです

IMG_0206.jpg

本堂より手前にある随求堂で胎内めぐりしてきました。

お堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた胎内めぐり。
真っ暗の中を、壁に巡らされた数珠を頼りに進むのですが
これが、本当に真っ暗
方向の感覚が、無くなるので絶対数珠を放せません。
(私の場合、いつも無いから特に・・・)

しばらく進むと、この菩薩を象徴する梵字(ハラ)が刻まれた随求石があるところが
ぼんやり明るいです。

随求石を廻して深く祈り、
再び暗闇の中をたどってお堂の上に戻ってきます。

距離としては、たいして無いんだろうけど 真っ暗で先が分からない場所っていうのは
とても長く感じました。

出てこれたとき、ほっとしたよ

IMG_0207.jpg

やっと、本堂です!!
ってまたもや、長くなってきたので続きます
書き終わりが、見えない
長い目でお付き合いください




関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
Secret
(非公開コメント受付中)

体内巡りというものは!
びびりもびっくりするくらい真っ暗すぎた体内巡りに若干ちびりながらまわった事実(ここだけのはなし)
お返事です。
さすらいの舞妓??さん

体内めぐりじゃなくて、胎内めぐりだからi-199

“K”さあ、菩薩が中で見れるって思ってたでしょ?
出てきた時に、菩薩は?みたいなこと言ってたよねi-179

確かに、あの暗さはなかなか味わうこと無いi-201

ここだけの話を、ここでするなんてi-229
FC2プロフ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
参加ランキング
ランキング参加しています。
FC2カウンター
最新コメント
リンク
お知らせ
ブログ内容にまったく関係のないコメントに 付きましては、こちらで削除させて頂く ことがございます。ご了承ください。
月別アーカイブ
お世話になってます
クックパッド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。